3、藤沢橋~中原橋

      藤沢橋上流

     藤沢橋下流

 

藤沢橋を過ぎると、歴史ある不動院や、狭山ヶ丘高校、市の体育館グランドが隣接しています。左岸側は崖線に沿って、中・低層の集合住宅が多く、住宅が川沿いまで密集しています。

 

 


    藤沢11号橋から下流

    藤沢11号橋上流

     明ノ沢橋上流


      明ノ沢橋下流

    新田橋から下流

     上林川合流


不老橋から大橋辺りは大雨が降るとあふれています。平成28年度からの浸水対策特別緊急事業で、不老橋と池袋線橋梁の架け替えが行われます

 

大橋は2012年3月に架け替えられました。

 

      不老橋下流

    藤沢4号橋下流


      大橋上流

 大橋下流右岸側 手入れされた竹林

2018年 住宅になりました  


大橋を過ぎると、西武池袋線の橋梁で行き止まりになります。

左岸側には、旧河川に沿って生い茂った林が残り、また大きく広がるエノキの河畔樹が良い景観になっています。

西武池袋線橋梁を過ぎると、左岸側は南向きのゆるやかな斜面に茶畑が広がります。

どっしりとしたエノキの木蔭で一休み。 


西武池袋線橋梁下流

堤防の盛土工事(堤防嵩上工)が行われる

(2009年)

 枝を横に広げ、緑陰を作るエノキ(ニレ科 落葉高木)


      歩道橋と落差工

クルミの樹木を残して工事が

行われている。うれしい。

籠マットと布団カゴ工事

ここまでが入間市で、管轄は飯能県土整備事務所。

 


入間市から狭山市に入りました。

市境にある最初の橋が、歩行者専用の橋です。

29号橋のすぐ下流に架かる歩行者専用橋は、不老橋で「としとらずはし」「としとらずかわ」と書かれています。「としとらずかわ」と呼ばれていたことがわかります。 近くの茶畑の角に明和7年(1770年)に立てられた

石橋供養塔があり、旧来の不老橋で、斜め北西に扇町屋村(現入間市)に続く道がありましたが、現在は西武池線で途切れています。

  29-1号橋(歩道橋)と29号橋

 


  下流からの29号橋と林川合流

 下流からの不老橋(としとらずはし)


   不老橋 右岸側から

  不老橋 左岸側から

としとらずかわ

 

 としとらずはし


    入曽調節池の越流堤  

    町屋道橋

 

不老橋を過ぎると右岸側に林川浄化施設があります。その隣に治水対策のための入曽調節池が現れます。大水の時は水が入り込むので使えませんが普段は、テニスコートやスケートボード、子ども広場があり利用することができます。

 

 

入曽調節池(入曽多目的広場)

 

 

    


      テニスコート

     狭山・入曽パーク

(スケートボード、BMX、インラインスケート)

   南入曽子ども広場


  入間基地南滑走路の真下を流れる

基地に沿って中原橋まで直線コース大雨が降るとあふれます。

   中原橋から上流

右岸側に、老人福祉センター不老荘が

あります。60歳以上の方が利用できま

す。入浴もできます。