5、東山王橋~リサイクル工場

東山王橋を過ぎ、156号橋からは広々とした畑の中を流れます。カワセミが水面をまっすぐに飛んで行きます。

営巣場所も数カ所見つかり、繁殖しています。出会えた日には幸せな気持ち。

工事が終わり、落ち着いたらまたカワセミは来るかな。

 

   東山王橋から下流

   シラカシが並ぶ

    歩道橋156号

2019年10月架け替えが完了


    156号橋から下流

  156号橋下流の歩道橋

  廃止されました

   廃止された歩道橋


   歩道橋から上流 土羽

 歩道橋から上流 布団カゴ護岸

 改修後 コンクリート護岸 



    権現橋の石仏群

2009年(平成21年)権現橋が架け替えられ、拡幅工事により旧鎌倉街道沿いに立っていた石仏は、2015年(平成27年)に移設され川に向って立っています。



               狭山市堀兼・上赤坂地区  

狭山市の市街地を抜け、堀兼地区に入りました。県道162号線(東京狭山線)に架かる新権現橋を過ぎ権現橋に来ました。ここからの風景は、歴史ある武蔵野の風景です。

約370年前に、川越城主松平信綱の命により開発された新田地帯です。短冊状に地割された畑地を一直線に流れる姿はいかにも人工的ですが、両岸には川と並行して、屋敷林が続く風景は素晴らしいものです。東京近郊には貴重な歴史景観です。

堀兼から中新田、そして川越市福原へと畑地と屋敷林が続きます。 

新田開発 権現橋の石仏 


               6、リサイクル工場~新霞橋  へ続く